2019年8月8日木曜日

「AI革命」と「IT革命」の違い


最近よく「AI革命」という言葉を耳にします。
AI革命も IT革命のようなインパクトを社会に及ぼすのは確実でしょう。
ただ、ベンチャー企業として両方の「革命」に取り組んで得た感触としては、両者はかなり異質なものです。

結論から述べると、ITは誰でも参加できたが、AIは強者しか参加できないというのが私の実感です。

IT革命と言われたものは、それこそ街のパン屋さんがホームページを作る、といった小さな需要があちこちに生まれ、それに中小零細企業やプリーランスの人が制作を受託するという、裾野の広い変革だったと思います。導入も参入も敷居が低かったのです。

そのことによって、社会にITが大きく広がったのが2000年代初頭でした。その後、SNSが出始めた頃(2010年代以降)から、導入も参入も、徐々に敷居が上がっていき現在に至ります。

さて一方、AI革命の方はどうでしょう。考えてみれば、街のパン屋さんがAIを導入するなんてことは、そうそう起きないことがわかります。導入できるのは、大手自動車メーカー(自動運転)、大手製造業(工場ラインの監視)、大手金融機関(投資の予測、与信審査)、大手通販会社(販促)・・・

そうなんです。

大量のデータを持っている企業しか、導入ができないのです。
ほぼ必然的にAIを利用できるのは大手企業だけとなります。導入の敷居が圧倒的に高いのが、AI革命です。

AIを提供する側の会社も、技術の高度化が進んでいるので、一握りの会社に、大手からの依頼が集中します。

以前のIT革命と比べてみましょう。IT革命初期では、趣味レベルのHTMLでホームページが作れる程度の人でも参入ができて、いろんな会社が、都会にも地方にも勃興しました。

AI業界ではそんな話はあまり聞きません。GAAFAのニュースばかりです。


まとめると、
「IT」は幅広い人間にチャンスを与えた技術。
「AI」は強者がますます強くなる技術。
ということになります。

当社としては、強者になるしかないので、技術の蓄積とアルゴリズムの工夫をこれからも進めていくことに変わりはありません。そして裾野を広げる取り組みも必要だと考えます。

AIで社会が便利で豊かになるというのは一面性に過ぎず、強者がますます強くなり、資本主義を押し進めるものだという面を、厳しい現実として認識する必要があります。

ちなみに国別比較をしてみて、現状の日本は強者ではありません。
AIによる明るい未来への道のりは遠いです。

 

2017年11月26日日曜日

スマホの次のイノベーション



スマホの次は、体内埋め込みICチップの時代が、
10年ぐらいでやってくるだろう。2025年頃。

信じられないかもしれませんが来ます。

まず、小型化が進んでいる。
今はまだ1mmほどの直径だが、
技術の進展によって、0.3mmぐらいまで小さくなると見込む。
ここまで小さくなると、ピアス感覚になる。

社会的にも、遅々としたIoTでも10年あればさすがに進む。

Felicaと同じ機能がまずは導入用途として向いているので、
電子マネーとして使われるだろう。
進化すれば、電子カルテなどになる。

個人識別の用途以外にも、
チップ自体の内部メモリが増えれば、
身分証やUSBメモリの代わりにもなるようになる。


そう考えると、いまのiPhoneの指紋認証や、顔認識も
過渡的なものだと分かる。

私も早く埋め込んでみたい。


2017年10月1日日曜日

ビジネスの最先端をキャッチするために読む媒体



新規事業を考える上では、情報のインプットを増やす必要がある。

まず、いわゆる新聞・TVは役に立たない。
事業として取り組むには、すでに参入期を過ぎたものになる。

次に書籍。本屋さんでチェックは悪くない。
そこそこいいヒントが得られる。
でも、毎日はいけない。僕は出不精だからね。

ではウェブではどうだろうか。
選りすぐれば、使えるサイトがある。


M&A関連の動きを見る
https://www.nihon-ma.co.jp/news/


個別株式の動向を見る
http://kabushiki.jp/


新規株式上場(IPO)
http://www.tokyoipo.com/ipo/schedule.php


これらは、株関係。
同様に、新規事業がひしめき合っているのが、

クラウドファンディングサイト
https://camp-fire.jp/category/technology


ベンチャー系の動きはこちら。
http://thebridge.jp


話題になる前に、いけてるスタートアップ企業をキャッチできる
https://secure.ipnexus.com/ja/startups
(例えば、国を「日本」にして「人気順」で見るとよい)


そして、勢いのあるベンチャーは人探しをするので
求人情報を見れば、伸びているベンチャーが見えてくる。
https://www.wantedly.com/


ビジネスのヒントを得るには、TEDがおすすめ。
https://www.tedxtokyo.com/?lang=ja


ここもヒントがいっぱい。
https://found-er.com/


2017年3月15日水曜日

Facebook本社に貼られている2枚のポスター



□ 素早く動いて、壊し続けろ。
□ 完璧を目指すより、まず終わらせろ。( Done is better than perfect )


うちは自社開発サービスの会社であるが、
開発戦力が大手さんとは違うので、
すごいものを作ろうとしないこと。
狙わない。競わない。

すごいものは世の中にいっぱいある。
売れてるアプリとか有名なアプリをみると何でもついてて素晴らしいよね。

でも、それよりも

・誰よりも、まず自分が欲しいもの、を作ろう
・Eat your own dogfood, and Serve your best dogfood
・シンプルイズザベスト。これは工数の削減になり、何よりユーザーに対してわかりやすい
・デフォルトを活用する、テンプレートを頼る
・まず動くものを作る。世に出す。
・Done is better than perfect
・KISS ( Keep it simple, stupid )

収益に関しては、
・There is a worth, there is a pay
・対価を追うのではなく、価値を追う。(価値があれば、収益はついてくると信じる)

機能に関しては、
・媚びない
・disられても気にしない
・ユーザーを大切にすることと、ユーザーの声を聞くことはイコールではない
・この機能もあったらもっとユーザーが増えて喜んでくれる みたいなのは半分幻想
・なるべく単機能に絞る
・Eat your own dogfood, and Serve your best dogfood
  (自分自身がユーザーであれ、そして良いと思ったものを誇りを持って出せ)

そして、
・数を出すこと
・アプリ一本にこだわりすぎない

あとは、確率をひとつひとつについて
上げるだけである。

確実、は ありません。


---
forked from:
https://www.slideshare.net/otiai10/ss-36405739
http://qiita.com/Tecco/items/518094205784c7e855ee



2017年2月26日日曜日

技術+デザイン+流通、この3つが揃えば必ず勝てる



エンジニアからスタートした会社なので
技術から発想しがちだが、
それでは勝てない。

アイデアは、アイデア段階では1円の価値もない。つまりゼロなのだ。
チャールズ・イームズ曰く、発明は起点ではなく最終手段。
可能な限り、既存のフレームワークを組み合わせる、利用する。
事業スピードと、ユーザーエクスペリエンスの摩擦を減らすため。
偉大なる発明はおおよそ先行品の組み合わせ。

次に、デザインは資産である。
そして、最も費用対効果の高い投資になりうる。

最後に、流通。
使ってもらえなければ意味がない。
それには、自分の頭から発想するのではなく
「誰に」「何を」売るのかを明確にして
客のマインドを起点にする必要がある。(刺さるために)
それさえ明確であれば、方法は自ずとある。(泥臭いものも含む)


技術(内容・機能)+デザイン+流通、どれが欠けても勝てない。
この10年で学んだことだ。